セフレと恋人の違いって、どのあたりにあるのでしょうか?

セフレと恋人の違いがよく分からない、という人が多くいます。
実際のところ、両者の違いについては非常にあいまいな部分もあるわけです。
同時に、明確に違う部分ももちろんあるわけですが。

セフレと恋人の違い

カップルがお互いの関係をどう考えているのか、ということも重要です。
特に、出会い系サイトを通じて生まれた出会いの場合、片方が「セフレとして付き合っている」つもりでも、もう一方が「あくまで恋人として付き合っている」つもりである場合があります。

こうなると、お互いの認識という点だけでもはっきりと違いが出てきてしまうわけです。
この認識のずれは、正直なところとても危険です。
放っておくと必ず、トラブルの火種になるからです。
そもそも、出会い系サイトを利用して誰かと知り合う際には、自分がセフレを探しているのか、あるいは恋人と真剣に出会いたくて頑張っているのか、そのあたりの目的の違いを明確にして、第一印象の段階でミスマッチが起こらないようにすべきです。

始めはセフレという関係を前提として付き合っていたけれど、いろいろなコミュニケーションを続けているうちに、なんとなくウマが合うことが分かってきて……という展開は誰にだって起こり得ると思います。

そう言う感情がお互いにあればいいのですが、どちらが方一方だけが相手を強く思いすぎてしまう、ということになると、これがなかなか面倒なことになるのです。
これは男女のどちらについても言えることで、男の側が絶対に間違っていて、常に女が正しい――という単純な問題でもありません。

セフレトラブル

男性の方がストーカーになりやすいものだという話は良く言われますが、女性だって、相手を思う気持ちが強すぎるとそれが自分でも制御できなくなりますし、好きでもない女性から強く思われ過ぎても、男性にとってはうっとうしいだけでしょう。
特に、その男性に他のセフレがいるという場合は、なおさら。

セフレと恋人の違いについて、例えば体の関係がメインだとかどうとか、そういう言葉で分類することは簡単です。
そして、そういう分類も部分的には正しいのでしょう。
けれども、セフレと恋人の境目というものはもっと複雑で、もっと微妙なものなのです。
一番正確な答えはたぶん、付き合っているカップルがお互いのことをどう感じているかによって違ってくるのでしょう。
こればかりは人の相談できることではないし、そもそも、他人にどう言われたからといって変わるものでもないです。